×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FX指標米国GDP

FX指標米国GDPの発表者は米国商務省。FX指標米国GDPの統計時期は四半期。
FX指標米国GDPの発表タームは1-3月期、4-6月期、7-9月期、10-12月期の各四半期のデータを1、4、7、10月の20日頃に速報値として発表。FX指標米国GDP確定値は1-3月期が6月、4-6月期は9月、7-9月期は12月、10-12月期は3月の下旬に公表される。

FX指標米国GDPとは

FX指標米国GDPとは、一定期間内(四半期または1年)に米国内全体で新たに生産された財やサービスの付加価値額を総合的に合計したもの。GNPが米国内移住者の総算出であるのに対して、FX指標米国GDPは(国籍などにかかわりなく)米国内で生産された品目の価値を算出する。現在は、企業のグローバル化が進んでいるためFX指標米国GDPのほうを用いることが多い。

FX指標米国GDPの分類

FX指標米国GDPは大きく分けて4つに分類することができる。
1.個人消費支出 2.民間国内投資 3.財・サービス純輸出 4.政府支出・総投資
FX指標米国GDPは、経済成長や景気動向を総合的に見ることができきるため、FX指標米国GDPは市場関係者からの注目度は非常に高い。なかでも、速報値に最大の注目が集まる。前回発表された指数と今回発表された指数を比べると、国内全体の経済がどの程度悪化しているか、また好転しているかを読み取ることができる。

Copyright © 2007 FX指標米国GDPの秘密